国税専門官の試験の難易度ですが、国家U種(大学卒業程度採用)と同じ程度のレベルとされていて、国家T種よりもレベル的には易しくなっています。試験の概要としては、 ・受験資格 受験する年の4月1日現在の年齢が21歳以上29歳未満の者。または、年齢が21歳未満で大学を卒業した者、及び、翌年3月までに大学を卒業見込みの者。または、人事院が受検資格有と認める者。 ・試験内容 第1次試験と第2次試験 ・試験日程 1次試験が6月中旬、2次試験が7月下旬 です。 試験の対策としては、国税専門官が本命の場合には、会計学と商法の勉強をしっかりとやっておかなければなりません。通常、公務員試験を受験する場合には、併願受験を考えるものです。でも、国税専門官以外の公務員試験には、この会計学と商法の問題はほとんど出題される事はありません。そう言った事から、会計学と商法は国税専門官受験専用の科目と言っても過言ではありませんので、きちんと勉強しておきましょう。また、9科目から4科目を選択する択一式専門試験の選択科目については、出題の難易度にある程度のバラツキが見られます。出来るだけ正答が得られそうな科目を選択出来るように、平均して勉強しておく事をお勧めします。国税専門官の試験では、人物面においても優秀な人材を確保する為、人物試験の成績を得点に換算して、筆記試験の成績と合計する事で合否を判定するようになっています。学力だけではなく、日頃から人間力を磨く努力をする事も、国税専門官試験の対策と言えるのではないでしょうかー